おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
アイコン [アイコン参照]
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 画像認証
文字色
arrow.png
うつ病 と 【治療藥】

bear.gif コロナ騒動で大変な時に、毎回暗い話題で申し訳ないです。
この20年ほど、
うつ病の治療薬(抗うつ薬など)に対する批判を目にするようになりました。。
そこで話題が暗くならない程度で1つだけ。
うつ病の治療や投薬に対する苦言が多いのですが、
苦言を言うだけで、【どうすれば良い】という答を言いません。
これじゃー何処かの国の議員さんみたいです。
「コブラやハブ・まむし」等に噛まれると、
毒が廻って痛んだり腫れたり・夜眠れなくなり病院へ行きます。
本来の治療は血清を注射すべきですが、
その時治療者が、
痛み止めや腫れ止め、睡眠導入剤などの投薬だけをすると大変です。
蛇の毒が原因なので、原因の毒に対する治療(血清の注射)をすると思います。
その治療を期待して病院へ急ぎます。
うつ病の場合は、
痛み(心の苦痛)だけを止めようと、
抗うつ薬や睡眠導入剤等を与える治療に終始しています。
うつ病になった原因に対する治療がなされていません。
毒へびに噛まれて痛み止めだけの治療をされると、
患者は黙っていません。
うつ病だけは対処療法で抗うつ薬などの投与だけで、
うつ病の原因に対する治療が放棄されています。
それでも、患者や家族は文句を言いません。
コブラに噛まれて痛み止めだけの治療では、噛まれた人は死んでしまいます。
うつ病になって痛み止めだけの治療では、患者は死んで(自殺)してしまいます。
コロナ騒動の本当の死者は、この3月からより増えていきまそうです。
新型クローナウイルスで亡くなる方もいるでしょうが、
新型コロナのウイルスで死ぬのではなく、騒ぎ過ぎの二次被害で死ぬのです。
うつ病の根本原因を治療せず、痛み止めだけの治療をするから死ぬのです。
今年はもっともっと、亡くなる方が増えそうで気が滅入ります。
てなこと言ってりゃ、何処かの国の議員さんと同じになります。
暗くなります。
もうすぐ、うつ病の原因を公開していきます。

user.png さがらごろう time.png 2021/03/16(Tue) 16:28 No.199 [返信]
うつ病関連

bear.gif 【うつ病とは何?】
天下のNHKが数年前に、やってしまった!


●うつ病(思考不全)の治療法を分けると大まかに3つあります。
「1,薬物治療、 2,磁気や電気を利用した治療法、 3,精神(心理)療法」です。
精神(心理)療法には、主なものに森田療法や認知(行動)療法があります。
1,薬物治療
イ)うつ病は脳内の情報伝達物質(セロトニン)が不足だ    と確定し、不足する情報伝達物質を薬品で補う治 療法
  ロ)うつ病は身体に影響を与える病気、例えば睡眠障害などに対して睡眠導入薬の投与。 
2,磁気や電気を利用した治療
NHKスペシャルここまで来た!
うつ病治療(宝島社発行)を参考にしています。
 ・脳科学でうつ病を治す!予防する。
・うつ病は”心の風邪”ではなく”脳の病気”
イ) 磁気治療・・・脳内の背外側前頭前野に対し径頭蓋磁気刺激を行う。
ロ) 見たことがないので説明に窮するが、要は頭にヘットギアを付け、頭の前方にある前頭葉の側の部分に微弱の磁気を流す治療方法のようです。 
毎日数10分?頭に磁気をあて週に5日間、それを4~6週間続けるそうです。
ハ) 脳深部刺激治療・・・頭蓋骨に直径2、4センチの穴を開け、10センチの電極を埋め込む。
電極から電線を首下の皮膚を通し、胸に埋め込まれたバッテリーに繋ぐ。
常時脳に対しての刺激を与えるそうです。 (未確認です) 【うつ病治療の種類】

user.png さがらごろう time.png 2021/03/16(Tue) 16:25 No.196 [返信]
Re: うつ病関連
bear.gif NHKが数年前にやってしまったのです。
2,磁気や電気を利用した治療
NHKスペシャルここまで来た!
うつ病治療(宝島社発行)を参考にしています。
 ・脳科学でうつ病を治す!予防する。
・うつ病は”心の風邪”ではなく”脳の病気”
と称して、
うつ病は【脳の病気だ】・・・と。

user_com.png さがらごろう time.png 2021/03/16(Tue) 16:26 No.197
Re: うつ病関連
bear.gif 強いうつ気分をもっていても、
脳内に何らかの障害(病気)があれば、
統合失調症とか双極性障害などと病名がつきます。
また、
アスペルガー症候群や人格障害(境界性パーソナリティ障害)でも強いうつ気分が生じますが、うつ病とは言いません。
天下のNHKさん。
調子の良いことを言って、国民を愚弄してはいけません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
医療は、
【うつ病】という名称を付けて【病】が強調されいますが、
脳内には何も障害がありません。
【病という字】が誤解を生み、
うつ病は何らかの脳の病気だと、
勘違いされている方が多いのではないでしょうか?
うつ病と言われても大丈夫です。
脳内は何も異常がなく、正常に心の免疫機能が働いていますのでうつ気分が生じます。
これは体も一緒で、体のどこかに病気があると、
痛みや熱が出て知らせる適応現象であり適応反応です。
何かの病気になり、薬物を使用し、痛みや熱を取ることに集中すると、本来の病気治療になりません。
強いうつ気分も一緒で、
うつ気分を改善するための改善反応です。
うつ気分になる本当の原因が何かを知らねば、
心の苦痛を取る抗うつ薬などを服薬していると、
改善するのに長く時間がかかります。
安心されて下さい。
うつ病は必ず改善します。

user_com.png さがらごろう time.png 2021/03/16(Tue) 16:27 No.198
人は、何故? 【悩む】

bear.gif この【悩む】と言うのがうつ病の原点にも成ります。
何故悩む?
それは心配性の人が自分の将来を考えたときに生じます。
将来などその時が来るまで何も決まってはいません。
良いことも悪いこともその時が来るまで誰にも分かりません。
人間、分からないことを考えると不安になります。
それでも考え続けると【悩み】に転化します。
将来の未知の世界を考え不安から悩みをもちますが、
いくら考えても答えはでません。
取り越し苦労に終わります。
不安が生じると、
【将来の事など何も決まっていない。大丈夫だ!】と、
心に生じた不安をバッサリ切り捨てればすみます。

user.png さがらごろう time.png 2021/03/16(Tue) 16:20 No.195 [返信]
コロナ騒動と潔癖症

bear.gif コロナ騒動と潔癖症
2020年、新型コロナウイルスの報道に翻弄され、
日本人の多くが潔癖症状態になっています。
感染してはいけないと自己保身に走り、
何かに触れると日に何度も手の消毒をしています。
その様子はこだわりが強くなったうつ病に似ています。
うつ病やうつ病予備群の人は、
少なからず【潔癖】な考え方や行動をしています。
潔癖症的な思考は相手に不信感をもち、
自分も相手も信用していません。
自分が納得できる言い訳を考え、
常に弱気な心に支配されています。
対人関係に必要な【許す】という考えができません。
不信感からこだわりの強い独自の価値観をもち、
相手にも自分の価値観を強要したり望んだりします。
意に沿わない相手に不信感だけでなく嫌悪感を膨らませていきます。
その結果対人関係を阻害し孤立していきます。
自分の都合の良い言い訳で、
相手を許さず素直さをなくします。
内心ビクビクおどおどしているのに、
自分の弱さを素直に認めることができません。
【自分の過去と相手の心は変えられぬ】という原理原則がありますが、
どうにかして、
相手の気持ちを自分に振り向かせようとしています。
自分の価値観と同じように相手の気持ちを変えようとしています。
潔癖があり相手に対する不信感が強くなったな!と思う人は・・・。
相手の気持ちを変えることはできません。
自分の考え、何かに【こだわった心】を変えるのです。
自分の考え方を変えるのです。
これだけ言って分からないのなら【捨て身で勝負してやる】等と思わないことです。
自分の考えを変え器を大きくするのです。
コロナ騒動で潔癖症になりかけた人は、
限度をわきまえ自重すべき時期に来ています。
・・・うつ病にならない為に・・・

user.png さがらごろう time.png 2021/01/18(Mon) 13:39 No.193 [返信]
日は又昇る

bear.gif 【苦しくても、苦しくても】
陽は又昇る
きっと明日は良いことがある。


マスコミの過度な報道に毒されて、
コロナ騒動の風評被害に遭っていませんか。
人は思考があり【風評】を気にします。
そんなに風評を気にする事はありません。
一回二回失敗したからと弱気になってはいけません。
将来の先読みで悲観し心配し過ぎもいけません。
将来なんて誰にも分かりません。
取り越し苦労はストレスの塊(かたまり)です。
思い込みの不安もいけません。
こんなのぜーんぶ自分勝手な想像や空想です。
これは失敗するな、負けるなと思いがよぎった時、
風評を気にせず自尊心を少しだけ引っ込めて、
【バンザーイ】すれば良いのです。
下手な芝居や言い訳を考えず、
【バンザーイ】すれば良いのです。
貴方に、
明日はきっと良いことがありますょ。

user.png さがらごろう time.png 2021/01/18(Mon) 13:37 No.192 [返信]
うつ病関連

bear.gif 【コロナとうつ病】
比較すべきでないが、
うつ病での死者が増えている。



いい加減な精神科医にかかり、
抗うつ薬などで人生を滅茶苦茶にされている方もいます。
だがそのような医者は全てではないのです。
良心的なお医者さんも現実に沢山います。
昭和61年に精神障害者の福祉施設を立ち上げ、
その後社会福祉法人で精神障害者の福祉施設を立ち上げました。
立派なお医者さんにも出会う事ができました。
今思うのは、
批判しても何も改善しないし、うつ病で苦しんでいる人を救えない。
また自殺者も増えているが、この人たちも救えないと思います。
批判より何かの手立てを表現すべきではないでしょうか?
この後②で、その手立てを提案します。

user.png さがらごろう time.png 2021/01/18(Mon) 13:27 No.188 [返信]
Re: うつ病関連
bear.gif
うつ病には原因。誘因・キッカケがある。
原因や誘因を表現するにはこの場では字数の関係で無理があります。
キッカケを治療者は心理的な要因と身体的な要因に分けるべきです。
心理的な要因でうつ病になった人には、
その人の背景にある思考の問題を改善すべきです。
心理的な要因をもつうつ病は、多くは対人関係に起因します。
人は集団生活をしていますが、
集団生活に適応できず孤立し、ひとりぼっちになっています。
集団生活に適応できない身勝手な考え方を思考障害と言います。
思考障害を持つ人が対人関係で摩擦が生じると、
最初は悩みや心配・不安をもち、その後孤立すると恐怖心に変わります。
恐怖心は思考に混乱が生じて思考不全になり、この状態をうつ病と言われます。
当事者も孤立しないように考え方を改めねば成りませんが、
思考が混乱し、孤立している人は自分の力だけでは強いうつ気分から抜け出せません。
頭の中はネガチブな妄想や空想でパンパンになっています。
腹の中にウンコが貯まると、ウンコを出すまではスッキリしません。
ウンコは浣腸薬で処理できますが、
思考不全になったうつ気分は自分の力では処理できません。
このような人を1人にすると時と場合により自殺します。
誰かが手助けし頭の中にある苦痛(ウンコ)を出してあげるのです。
方法は相手の話を否定せず【聞く】事です。
周りの人が聞き屋になるのです。
精神薬も場合により必要ですが、本当に必要なのは【聞き屋】です。
・・・医者でなくても良いのです・・・

user_com.png さがらごろう time.png 2021/01/18(Mon) 13:29 No.189
Re: うつ病関連
bear.gif
心理的なうつ病はひたすら相手の気持ちを聞いて受け入れて下さい。
次に身体的な要因から生じるうつ病について書き込みます。
この場合は短期(2週間ほど)に抗うつ薬を服薬するのを、精神薬を否定される方も認めて下さいネ。
なお、コロナ騒動にによるうつ気分や自殺は、
心理的なうつ気分ですので周りの人が聞き屋に成って欲しいと思います。
小学生までコロナの犠牲になっていますので防がねば成りません。

user_com.png さがらごろう time.png 2021/01/18(Mon) 13:30 No.190
Re: うつ病関連
bear.gif
身体的な要因から来るうつ気分は、カウンセリングだけではうつ気分が改善せず長引くときがあります。
これはセロトニンが関係しているのかも知れませんが、
セロトニンの測定器など接した事がありませんので定かではありません。
身体的な要因からくる強いうつ気分の人は恐怖心が強い人もいます、
一時的に短期入院で精神薬投与しながら保護室利用なども良いのかも知れません。
それでも経過観察を含めて2週間程度で退院させて欲しい。
何でもかんでも精神薬はダメだと、決めてかからいで欲しい。
心は自分の自由になりますが身体は自由にはなりません。
身体的な要因からくるうつ気分は、短期の投薬治療も必要でではないでしょうか。

user_com.png さがらごろう time.png 2021/01/18(Mon) 13:33 No.191
うつ病関連

bear.gif うつ病の治療と精神薬の批判
【坊主憎けりゃ袈裟まで憎い】
チョット違うのだが



20年程前からうつ病の治療薬について、
過剰投与などを含め問題提起をされる方が増えてきました。
それは表現の自由の範疇で良かれと思ってきましが、
少し違和感をもつようになりました。
薬や医者の批判ばかりで、それじゃ【どうすれば良いのか】を表現しません。
変わりの治療方法を示していません。
その上、医者個人の性犯罪等を示し薬の批判に繋げているように感じます。
表現者の気持ちは分かるのですが、違和感を感じています。

user.png さがらごろう time.png 2021/01/18(Mon) 13:24 No.186 [返信]
Re: うつ病関連
bear.gif
近年うつ病の治療については社会の全員が納得しているとは言いがたい。
向精神薬を否定している人も多くいるのは事実です。
【そこで1つだけ提案】です。
治療者やその職場の関係者は、次の点を考慮して欲しい。
うつ病には下記の3つがあります。
1,原因
2,誘因(うつ病になる考え方)
3,キッカケ(うつ病になる直接の要因)
今回はキッカケについて。
キッカケを心理的な要因、身体的な要因の2つに分けます。
【身体的なうつ気分】とは何。
季節性のうつ気分、出産後のうつ気分、大手術後のうつ気分、大けがをした、癌などの大病を患った、酒やシンナ-・覚醒剤等から覚醒後のうつ気分・・・等々。
【心理的なうつ気分】とは何。
借金をした、テストに落ちた、失恋した、家庭問題、職場問題、学校問題、セクハラ、パワハラ、モラハラ・・・等々。
上記の2つをセロトニン不足などと相手に言い含め、
投薬治療だけで済ませてはいけません。

user_com.png さがらごろう time.png 2021/01/18(Mon) 13:26 No.187
季節性のうつ

bear.gif 季節性のうつ気分
あせるな、あせるな。



強いうつ気分はいろんなキッカケで生じます。
仕事上であったり失恋した借金したテストに落ちた。
そのうつ気分を考えるときに2つあります。
それは心と体です。
季節性のうつ病は体がキッカケになっています。
この20年ほどをみると昨今は精神薬について批判的な投稿をめにするようになりました。
しかし、
薬にくけりゃ医者まで憎いという説明をされる方もいます。
こんなのは本末転倒です。
私は精神構造分析のデータをもとに心の健康法として【さがら療法】を主催していますが、無闇矢鱈に精神薬を否定していません。
うつ病と同じような心の苦痛をもつものに、統合失調症や双極性障害などがありますが、これらは脳内の機能的な問題があり心と体に分けて考えたとき、
体の問題として改善(治療)せねばなりません。
体に問題(病気・障害)があれば、治療者としてのお医者さんが必要であり、その判断(診断)で投薬や手術などが必要です。
と言っても、近年のうつ病に対する過剰な投薬は関心しませんが・・・。
・・・②へ続く・・・

user.png さがらごろう time.png 2021/01/18(Mon) 13:19 No.182 [返信]
Re: 季節性のうつ
bear.gif
うつ気分になるキッカケは心理的な原因と身体的な原因があります。
改善するには身体に作用させ投薬投与と心理面から改善させるカウンセリングがあります。
如何に強いうつ気分でも、
心の免疫と体の免疫は相互作用していますので、その関係を利用し心理的な改善方法が早期に改善する場合が多くあります。
周りの人が精神薬に云々言うのではなく、当事者が決めれば良いことです。
そうかと言ってお医者さんも精神薬の投与は長期使用は控えるべきです。
うつ気分になるキッカケが、
季節性のうつや産後うつ、大手術の後のうつ気分などは体から来たうつですので薬物使用も仕方ありませんが短期間にして欲しいのです。
その他でキッカケの多くは対人関係から生じます。
キッカケが対人関係であれば、人の脳の仕組みを利用するのです。
人は群れで生きています。
群れで生きるには対人関係を良くせねばなりません。
対人関係をよくするには常に【感謝の心】をもつことが重要です。
恨み辛み妬みなどの気持ちが強ければ、
16日に投稿している【鶴の恩返し】を利用し、己の考え方を再構築してみるのも良いでしょう。
うつ気分が強いときはカウンセリングを受けるのも1つの方法です。

user_com.png さがらごろう time.png 2021/01/18(Mon) 13:20 No.183
Re: 季節性のうつ
bear.gif
体は思い通りに成りませんが、
自分の心はどんなにでもコントロールできます。
【ありがとう】と念ずれば華開きうつ気分も改善できます。
脳内の心の免疫と体の免疫が繋がっています。
精神科のお医者さんは、
この繋がりを利用し、コントロールできる心の免疫から体の免疫を軌道修正する方法を治療に生かして欲しい。

user_com.png さがらごろう time.png 2021/01/18(Mon) 13:22 No.184
Re: 季節性のうつ
bear.gif 心理学者も精神医学も、
うつ気分の人への対応は、
体から来たものか?心から来たものか?の判断が必要。
体から来たうつ気分であればセロトニン不足もあり得るし、
心から来たものであれば思考障害もあり得る。
いずれの強いうつ気分(思考不全:うつ病)も、
治療者は精神医療現場で経験を積み、
安易に見た目の感で精神薬を処方せず、
毎回相手の気持ちを良く聞くことが大切だと思います。
3分から5分で相手の様子を探り(話を聞き)薬だけに頼る治療は如何なものでしょうか?。
殆どのうつ気分は心理的な要因から来ていますが、
心からきたうつ気分は3時間もあれば改善します。

user_com.png さがらごろう time.png 2021/01/18(Mon) 13:23 No.185
心のトレーニング

bear.gif 【心のトレーニング】
鶴の恩返し



人は群れで生きる捕食動物です。
群れに適応できなければ苦しくなり孤立します。
苦しさが増すと思考が混乱し、なかなか苦しさから抜け出せません。
苦しさの延長線上では自分の明日(将来)を思い浮かべ不安になります。
不安な心は責任転嫁したり自分を責めたりしていきます。
その心の状況は【想像や空想】の世界で彷徨っています。
その心の苦痛は、自分勝手な苦しい物語で苦しんでいる状態です。
ボンヤリしているようで、
心は休みなく苦しい事を考え続けているので脳はヘトヘトに疲れ体が動かなくなります。
寝ても寝てもスッキリしません。
寝られない人は睡眠導入剤を使用します。
精神科に行くと精神薬を処方されます。

user.png さがらごろう time.png 2020/12/18(Fri) 14:51 No.172 [返信]
Re: 心のトレーニング
bear.gif
毎日の生活の中で【水や空気】が不足すれば苦しくなります。
日頃私たちはその水や空気に感謝する事を忘れています。
群れで助け合って生きる人間は、ややもすると、さりげなくされる周りの人の親切に気が付きません。
気が付かないので、その恩に報いる考えをもてません。
それ以上に、
過去を振り返って相手を責め、許せません。
許せない間は苦しい時間の中で生きねばなりません。
一つの方法として、
苦しさから立ち直る方法を紹介します。

user_com.png さがらごろう time.png 2020/12/18(Fri) 14:53 No.173
Re: 心のトレーニング
bear.gif
ここからはうつ気分をもつ人の【心のトレーニング】方法で、脳の機能的な仕組みを利用しうつ気分を改善していきます。
1,折り紙(何でも良し)を準備し鶴を折ります。
2,鶴の折り方はネットで調べて下さい。
3,一羽おるのに20工程ほどあります。
4,一回折るときに【ありがとうございます】と心の中で念じます。
一羽折ると20回ほど【ありがとうございます】とイメージできます。
5,100羽折ると2,000回ありがとうございますとイメージできます。
6,その後ノートを準備し、今まで出会った人の名前を書き込みます。
7,ノートの名前を見てその人をイメージしながら【ありがとうございます】と念じます。
つい見落としていた人の優しさや気配りが分かります。
嫌な相手、嫌いな相手、恨んでいる相手もその人を思い出し【ありがとうございます】と念じます。
どうしても許せない相手に対しても【ありがとうございます】と念じます。
相手を憎み苦しい時でも一度お試し下さい。
うつ気分が激しいときは、心が楽になるまで念じます。
イメージを続け【鶴を折り続けます】

user_com.png さがらごろう time.png 2020/12/18(Fri) 14:54 No.174
季節性のうつ
bear.gif 季節性のうつ気分
あせるな、あせるな。


https://news.yahoo.co.jp/articles/5d3783fbe38a8b15ede3e0e7e12ac3147712df1c?page=2&fbclid=IwAR2yPJo9x521g9ipb6WL8p-2epZAgvC9NIa1dAz2cCJQrVMbVcqvHe8vcHg


上記を読まれて下さい。分かりやすく説明されています。
部屋の蛍光灯の明るさをこの季節は強く(明るく)すべきですね。
少し高くつきますがLEDの明るい光を部屋に入れて下さい。
またそれだけでなく(セロトニン機能だけでなく)、
日頃【あたりまえ】のように生活している中で忘れ物をしています。
あたりまえの生活に感謝すべき事が多くあるのですが、その感謝を忘れています。
部屋を明るくして、
見過ごしている事を【鶴の恩返し】で見つけ出し、
その恩に報いて来なかった【自分を許し】、
少しでも外の空気を吸いに散歩をして、
春先に花を咲かせる準備をしている【花のつぼみ】を見つけて下さいね。
大丈夫ですよ。
次には必ず春が来ます・・・心にも。
・・・②へ続く・・・

user_com.png さがらごろう time.png 2020/12/18(Fri) 16:30 No.176
季節性のうつ
bear.gif
強いうつ気分はいろんなキッカケで生じます。
仕事上であったり失恋した借金したテストに落ちた。
そのうつ気分を考えるときに2つあります。
それは心と体です。
季節性のうつ病は体がキッカケになっています。
この20年ほどをみると昨今は精神薬について批判的な投稿をめにするようになりました。
しかし、
薬にくけりゃ医者まで憎いという説明をされる方もいます。
こんなのは本末転倒です。
私は精神構造分析のデータをもとに心の健康法として【さがら療法】を主催していますが、無闇矢鱈に精神薬を否定していません。
うつ病と同じような心の苦痛をもつものに、統合失調症や双極性障害などがありますが、これらは脳内の機能的な問題があり心と体に分けて考えたとき、
体の問題として改善(治療)せねばなりません。
体に問題(病気・障害)があれば、治療者としてのお医者さんが必要であり、その判断(診断)で投薬や手術などが必要です。
と言っても、近年のうつ病に対する過剰な投薬は関心しませんが・・・。
・・・③へ続く・・・

user_com.png さがらごろう time.png 2020/12/18(Fri) 16:37 No.177
季節性のうつ
bear.gif
うつ気分になるキッカケは心理的な原因と身体的な原因があります。
改善するには身体に作用させ投薬投与と心理面から改善させるカウンセリングがあります。
如何に強いうつ気分でも、
心の免疫と体の免疫は相互作用していますので、その関係を利用し心理的な改善方法が早期に改善する場合が多くあります。
周りの人が精神薬に云々言うのではなく、当事者が決めれば良いことです。
そうかと言ってお医者さんも精神薬の投与は長期使用は控えるべきです。
うつ気分になるキッカケが、
季節性のうつや産後うつ、大手術の後のうつ気分などは体から来たうつですので薬物使用も仕方ありませんが短期間にして欲しいのです。
その他でキッカケの多くは対人関係から生じます。
キッカケが対人関係であれば、人の脳の仕組みを利用するのです。
人は群れで生きています。
群れで生きるには対人関係を良くせねばなりません。
対人関係をよくするには常に【感謝の心】をもつことが重要です。
恨み辛み妬みなどの気持ちが強ければ、
16日に投稿している【鶴の恩返し】を利用し、己の考え方を再構築してみるのも良いでしょう。
うつ気分が強いときはカウンセリングを受けるのも1つの方法です。

user_com.png さがらごろう time.png 2020/12/18(Fri) 16:39 No.178
季節性のうつ
bear.gif
体は思い通りに成りませんが、
自分の心はどんなにでもコントロールできます。
【ありがとう】と念ずれば華開きうつ気分も改善できます。
脳内の心の免疫と体の免疫が繋がっています。
精神科のお医者さんは、
この繋がりを利用し、コントロールできる心の免疫から体の免疫を軌道修正する方法を治療に生かして欲しい。

user_com.png さがらごろう time.png 2020/12/18(Fri) 16:43 No.179
季節性のうつ
bear.gif 心理学者も精神医学も、
うつ気分の人への対応は、
体から来たものか?心から来たものか?の判断が必要。
体から来たうつ気分であればセロトニン不足もあり得るし、
心から来たものであれば思考障害もあり得る。
いずれの強いうつ気分(思考不全:うつ病)も、
治療者は精神医療現場で経験を積み、
安易に見た目の感で精神薬を処方せず、
毎回相手の気持ちを良く聞くことが大切だと思います。
3分から5分で相手の様子を探り(話を聞き)薬だけに頼る治療は如何なものでしょうか?。
殆どのうつ気分は心理的な要因から来ていますが、
心からきたうつ気分は3時間もあれば改善します。

user_com.png さがらごろう time.png 2020/12/18(Fri) 16:46 No.181
幸せ

bear.gif
ピザの店:一歩ではジングルベルの曲が流れています。
新成人2名のお祝いからスタートした今年、いろんな事がありました。
振り返るとコロナ騒動に振り回されてきました。
70年という人生を振り返ると、これ又いろんな事に振り回されて来ました。
喧嘩喧嘩に明け暮れ、7人を傷つけ別の7人から切られたり刺されたり。
そんな私を捨てる神あれば救う神ありで、福祉職に就いてもう直ぐ50年。
その途中では無認可施設や社会福祉法人で、幾つもの障害者福祉施設を設立。
前回の東京オリンピックの少し前から始めた【精神構造分析】の個人的な研究。
この研究も今年で55年。
平成17年には、その研究で見い出した【うつ病の原因とカウンセリング方法】
それらをまとめ始めて今年で5年。
どうにか【DVD6枚と参考書1冊】をセットして、
【【さがら療法】に仕上げました。

user.png さがらごろう time.png 2020/11/27(Fri) 11:29 No.167 [返信]
Re: 幸せ
bear.gif
これで多くの人が楽になるぞ、自殺者を救えるぞ・・・と意気込み、
さあー販売しょうとした矢先にコロナ騒動。
【さがら療法】では、
うつ病を思考不全、
うつ病の予備群を思考障害と表現していますが、
コロナ騒動で思考障害が増加しています。
自殺一歩前の状態にいる思考不全の軽度の人が増加しています。
自殺は年明けから増えてくるのではと、案じています。
緊急事態が近づいています。

user_com.png さがらごろう time.png 2020/11/27(Fri) 11:34 No.168
Re: 幸せ
bear.gif
うつ病の治療には幾つかの方法があります。
薬が良い人は投薬治療を受ければ良いし、カウンセリングが良ければそれも良し。
苦しい人が選べば良いと思っています。
コロナの治療にはお医者さんにお任せし、
心の不健康な人(含む・うつ病)への対処法は当方も名乗りを上げます。
ですが、
当方のDVDや参考書のセットを販売していても、
この緊急事態には間に合いません。
1番最善の方法として全国各地の教育施設へ無償配布しようと企画しています。
その数は約5万5千校になります。
無闇矢鱈に送りませんが、
DVD代、本代、送料、出荷手間賃などなど・・・大きな金額になります。
そこで、
参考書などの最後に協賛企業として広告のスペースを作ることにしました。

user_com.png さがらごろう time.png 2020/11/27(Fri) 11:36 No.169
Re: 幸せ
bear.gif
無償配布の協賛企業を求めることにしました。
現在無償配布するに当たっての見積もりをしていますが、
1,000万円の協賛金を出してくれる企業を、
10数社求めることにしました。
これは無償配布しますので当方の利益は考えていません。
尚、教育機関以外へは今まで通り有償販売していきます。

user_com.png さがらごろう time.png 2020/11/27(Fri) 14:33 No.170
Re: 幸せ
bear.gif
上記のような緊急の状態に対応していきますが、
今出来上がっているDVDや参考書は少し遠慮した内容です。
DVDは約4時間、参考書はA4サイズ200ページですが、
この参考書を約40ページ程増やす予定で原稿を仕上げています。
それについて30名ほどの方に無償配布し、
読後感想を教えて欲しいと企画しています。
FBだけのお友達に対して求めている訳ではなく、
いろんな方約30名の方を募集しています。
折角応募して戴いたのに送付できない人が出る可能性があります。
その節はご容赦下さい。
クロネコヤマト便で送ります。
お名前、住所、郵便番号、電話番号、ご希望到着時間等々をメッセージで送って下さい。
尚、送料はご負担戴ける方を希望しています。

user_com.png さがらごろう time.png 2020/11/27(Fri) 14:36 No.171
処理 記事No 暗証キー

- YY-BOARD -