おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
アイコン [アイコン参照]
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 画像認証
文字色
arrow.png
うつ病関連

bear.gif  人の心は古代から本能(自然免疫)として引き継がれ、狩猟時代では【孤立すると生じる恐怖心】があり、農耕時代の人々は栽培した食物をたくさん残し蓄え、欲が生まれています。
その欲は心配性になり、悩みや不安・が生じるようになってきました。
古代の人は自然を称える神を作り、対人関係の経験を深めた哲学者が出現。
その弟子は尊敬する哲学者の教えを宗教としてまとめ受け継いできました。
現在では心の苦痛の改善方法として日本国内では森田療法、国外からは認知(行動)療法
などが入って来ました。
また多くの人が各種の【哲学・思想・宗教・療法(メソッド)】を唱えています。

そもそも何故、心に苦痛が生じるのか?
心(思考)の成り立ちや経緯(プロセス)が不明のまま、苦痛の改善方法が一人歩きし、
今日まで約7千年間過ぎています。

60年間に渡り、精神構造分析を積み重ね【さがら式 思考の科学】で心の解剖図を作り、
思考の計算式では【 X+Y=1 】を見出してきました。
思考の科学を元に心の健康法として応用し、理論的にまとめたのが【さがら療法】であり、心の健康法です。
【さがら式・思考の科学・・・さがら療法・心の健康法】

ご視聴 ありがとうございます。

user.png さがらごろう time.png 2022/06/13(Mon) 16:29 No.307 [返信]
うつ病関連

bear.gif 少しだけ時間を下さい。
うつ病や自殺を見直して下さい。



【思考】の世界を科学的に解剖する。
その結果心は、x+y=1 です。

世界の都市部では家庭のオール電化が進んでいます。
近年の都市部では【焚き火】などの火をユックリお見ることができません。
そんな生活スタイルの中で野外キャンプに参加すると、キャンプファイヤーの火に心躍り、
心には得も知れぬ安心感が満ち溢れます。
メラメラと立ち上がる炎を見ると大人も子供も懐かしい気持ちになります。
心が癒やされ落ち着きます。
炎の灯りに癒やされ安らぎを覚えるのは、古代の狩猟の時期に得た記憶でしょうか?

同じく古代から脳に記憶された1つに、
【孤立すると恐怖心が出る】心理の世界があります。
強いうつ気分である通称:うつ病。
死んだ方が良いと思い始めるほど強いうつ気分は、対人関係で孤立した時に生じます。
また対人関係で孤立したと思った時に生じます。

それは古代の狩猟の時代に、助け合い支え合った集団(群れ)で狩りを行ってきた経緯があり、
人は本能として脳に刷り込まれた【思考の世界】をもっています 。
心配や悩み・不安など軽いうつ気分をもつ人は多くいます。(うつ病の予備群)
そのような人が日常の生活でミスをすると、気分の落ち込みが生じます。
原因は多々あり、入学試験に不合格、入社試験に不合格、恋愛に失敗した、借金した等々です。
気分の落ち込みや心の苦痛に対して、世界中で抗うつ薬や向精神薬が使用されています。
抗うつ薬を服用してもそれだけで、試験に合格しません、恋人ができません、お金が手に入り豊かになりません。

苦しい事があると何も考えないようにしていても、次々に苦しい事が思い浮かびます。
辛くなったり寂しくなったりします。
考えなければうつ気分になりませんので、抗うつ薬などは考えないようにする薬です。
【思考や言葉】は人間だけがもつ武器です。
抗うつ薬などを使用し考える事を止めれば、人としての価値が下がります。
犬や猫などの動物と違い、人は人生を全うするまで思考を大切にしたいものです。
それが今ではゲーム等に熱中し、【考えない】ようにする若い子が増えています。

心が不健康になると嫌な事を考え続け続けますが、それでも薬に頼る必要はありません。
【さがら療法】とは心の健康法であり、考え(思考)を止めずに、苦しさから解放される方法を解明し伝えています。

心を健康に保つ方法をお伝えしますので、焦らず諦めず、最後まで視聴されて下さい
うつ病という苦しみは、【対人関係を良くしなさい、考え方を変えなさい】と言う脳からのシグナルです。 【思考の修正】をしなさいという脳からのシグナルです。
さがら療法では思考修正の方法を示していますので、
思考のコントロール方法を手に入れて下さい。

user.png さがらごろう time.png 2022/06/13(Mon) 16:21 No.303 [返信]
Re: うつ病関連
bear.gif
うつ気分になる誘因は2つりあります。
体から入る誘因と心的誘因です。
何かの怪我や病気で体にストレスを受けると、心にもストレスが生じます。
この場合は医学の領域でありお医者さんにお任せします。
【対人関係で生じた心のストレス】が体に表れることがあります。

例えば、
赤面、手の震え、円形脱毛症、花粉症、チック、目耳鼻舌皮膚などの五感の不具合・・・等々。
心と体は多くの絆(神経)で結ばれています。
花粉症など心的ストレスと関係がないように思われていますが、心的なストレスを改善すると花粉症が治まる人が多々います。

心のストレスの多くは集団生活に適応できない時に対人関係で生じます。
人間は古代より群れで捕食する生活をしてきました。
思考が発達した現在でも集団生活に適応できない考え方をすると、心(思考)にストレスが生じるように
脳機能ができています。
心に苦痛が生じるようになっています。

さがら療法ではうつ気分の人が相談に来ると、短時間の聞き取りとペーパーテスト(心理分析)をします。
この心理分析(精神構造分析)は独自の手法を取っており、相手の考え方(思考)を600方向から見ます。
少しでも体調不良が疑われると専門医の診察を受けるように勧めています。

心的な誘因でうつ気分になった人の多くは、対人関係に適応しない思考(考え方)をしています。
対人関係に適応しないとは【性格に問題】があり、相手から見ると性格が悪いのです。
自分勝手に利己的な考えをしているのです。

心に何かのストレスを受けうつ気分になった時は、
【対人関係に適応していない、利己的な考えをしていないか?】と、考え方の修正をすると良いでしょう。
とは言え、暴力団の中で自分1人だけ良い考えをしていても、暴力団の群れに適応できず身を滅ぼします。
人間社会の中で上手に生き抜くには多くの経験が必要になります。

【何をどのように、考え方を修正すれば良いのか?】

イジメを受けている、心が苦しい、人が怖い、友達がいない、自信がない、自分に言い訳ばかりする、
ゲームに熱中し考えたくない、親が嫌いだ、劣等感で辛い、死にたくないが死を意識する、
リストカットが止まらない・・・などなど。

さがら療法では思考の修正方法を図表などを使用し、皆さんに伝えています。
お気軽にお問い合わせ下さい。

(文責) さがら ごろう

user_com.png さがらごろう time.png 2022/06/13(Mon) 16:23 No.304
Re: うつ病関連
bear.gif 【独り言】


日本国内には約2万3千人の精神科医(含む:心療内科医)がいます。
それでも、うつ病や自殺を防ぐ事ができずにいます。
主に抗うつ薬や向精神薬・睡眠導入剤を処方し治療に当たっています。

多剤服用の危険性が叫ばれたり、
心ある精神科医がなるべく薬を使用しない治療をされているようですが多くはありません。

ある精神科医は、
薬と併用し【森田療法や認知行動療法】で治療に当たっていますが、一向に寛解する気配がありません。

またある精神科医は、
頭にヘッドギアを当て磁力で治療したり、頭蓋骨に穴を開け電極を差し込み、扁桃体に直接微弱な電流を流す治療方法も使用しているようです。

そんな馬鹿げた治療をして、
うつ気分の人をより苦しめたり痛い思いをさせる必要はありません。

なぜ精神科医がそんな事をするのか?
それは【精神構造の分析】をしないからです。
心の構造を理解しカウンセリング技術の向上を図れば、
3千人のカウンセラーがいれば大丈夫です。

国内に2万人以上の精神科医は必要ありません。
25%以下の人数で事足ります。

user_com.png さがらごろう time.png 2022/06/13(Mon) 16:25 No.305
Re: うつ病関連
bear.gif 【独り言】


強いうつ気分を改善するには時間がかかりません。
強ければ強いほど早く【うつ抜け】できます。
それでもそのままにしていると再発しますので、
再発防止の学習が必要です。

うつ病と言われる人は自分自身で改善をはかるのです。
如何に精神科医・高貴な聖職者といえど治す事はできません。
うつ病の主治医は自分自身です。
私たち他人は、うつ病を【治す:改善させる】方法を提供するだけです。

時折 強い恐怖心をもつ人がいますが、
この場合、森田療法で言う7日から10日間の臥床時期を作り、自発的な言動ができるのを待つこともあります。

うつ抜けしていない人に対しての【認知(行動)療法】は、
改善を遅らせるので注意が必要です。

user_com.png さがらごろう time.png 2022/06/13(Mon) 16:26 No.306
欲がもたらす【脱毛症】

bear.gif
他人の不幸:欠点を話題すると面白い・・・これは本能。
人(他人)の不幸を笑いにしている近頃のお笑い番組はほとんど見ません。

嫁さんが他人に誹謗中傷され笑われた。
それもアカデミー授賞式で世界中の面前で笑いものにされた。  お怒りはごもっとも・・・私も手が出るかも?

ロシアがウクライナに対し【暴力行為】をしている最中に、
多くの人の前で暴力行為は許せません。
    これまたごもっとも。

この問題になった3人の人達に欲が災いしています。

誹謗中傷され脱毛症で苦しんでいる嫁さんの欲。
嫁さんをかばい手を出した人の欲。
称える相手の家族を笑いのネタにした人の欲。

心的要因で生じた【脱毛】は少し時間はかかりますが、
【欲】を理解すると簡単に改善します。

user.png さがらごろう time.png 2022/06/13(Mon) 16:11 No.299 [返信]
Re: 欲がもたらす【脱毛症】
bear.gif
【欲】について

全ての人にある欲が、マイナスに出ると人を不幸にします。
死を招くような強いうつ気分は【欲】が作用します。

user_com.png さがらごろう time.png 2022/06/13(Mon) 16:12 No.300
Re: 欲がもたらす【脱毛症】
bear.gif
コメデアンのレベルもありますが、
今の日本、
相手が【考えず】笑えるようにしたお笑いが基本となっているようです。

【考えないで済む】のはお笑いだけでなく、
抗うつ薬、子供達のゲームなども一緒です。

考えないで済む方法や器具・薬は、
日本だけでなく今の世に大受けされています。

user_com.png さがらごろう time.png 2022/06/13(Mon) 16:13 No.301
Re: 欲がもたらす【脱毛症】
bear.gif
なぜ【抗うつ薬】がいけないか?

人は犬や猫などと違い考える力(思考力)をもっています。
抗うつ薬や危険薬物などを使用し、
考えるのを止めると、人としての能力が低下します。

麻薬や覚醒剤は社会が率先して取り締まりますが、
同じような効果効能がある【抗うつ薬】は国が率先して服薬するように勧めています。

本当に恐ろしい世の中です。

user_com.png さがらごろう time.png 2022/06/13(Mon) 16:15 No.302
うつ病関連

bear.gif さがら療法は【思考の科学】
哲学・心理学・宗教学などではありません。
単に【X+Y=1=思考】を見つけ、心の健康療法を確立しただけ。


【私の履歴書】

1949年(昭和24年)の夏 筑豊で誕生
1963年(昭和38年)の冬 精神構造分析を始める
1991年(平成 3年)の春 社福で精神障害者施設作る
2005年(平成17年)の秋 思考の科学・計算式確立

昭和30年代、
幼児の頃より素行不良で、
長崎は端島 (通称:軍艦島)に島流しになる。

筑豊と長崎を行ったり来たりさせられ、大阪へ家出。
大阪の南港辺りをフラフラとアメリカ行きの船を探すも見つからず、端島に強制送還。

それから後は外国へは行かないと腹を決め、
小さな小さな【心の世界】を求め船出する。

それがそれが・・・小さいと思っていた心の世界、
彷徨うこと60年がアッという間に過ぎジジィとなる。

私のセミナーは、
哲学(宗教)、思想、近年の心理学:分析学、精神医学等々がなぜ生じたかを説明するセミナーです。

心:思考のメカニズムを説明する教室です。

ジジィも体のあちこちに爆弾を抱える身になりました。
残り少ない時間を大切にし、
明日は9時から【心の健康教室】です。

無料ですので昼食弁当持って来られて下さい。
参加者が1人でも行います。

user.png さがらごろう time.png 2022/06/13(Mon) 16:07 No.298 [返信]
うつ病関連

bear.gif コロナ禍やウクライナ紛争後に心的外傷後ストレス障害PTSDが始まる。

① 【思考の科学】・・・【さがら療法】より

コロナ禍で気分が良くない時期に、
暗くなる話題(投稿)をご容赦戴きたい。

米国の軍人がベトナム紛争後やアフガニスタン・イラク紛争後に少なからず【心的外傷後ストレス障害:PTSD】で自殺者が多く成っています。

近年の米国軍人は、
帰還兵がうつ病になり、1日に2~3名が自殺しているそうでえす。
ウクライナでは軍人だけでなく一般市民も紛争に巻き込まれ死傷者が多く出ている模様です。
軍人だけでなく市民にも【PTSD】が増えそうです。

日本では身内がコロナで亡くなっても、亡くなった人と最後の別れもできず身を切られる心境で葬儀をしています。

最愛の人との別れは辛く苦しい時間が長く続きます。

【人間は群れの中で生きている動物です。】
人の脳は集団生活に適応するようにセットされています。

群れから離れ【孤立したと自覚】すると、
脳は恐怖心を与えるようにセットされています。

人の思考は孤立すると怖くなり、
辛い悲しみが日に日に増していき、
自尊心が強い人は恐怖に耐えきらず自殺する人が出ます。

さて、どうすべきでしょか?
多くの人に他人事ではなく、自分の事として考えて欲しいのです。

user.png さがらごろう time.png 2022/06/13(Mon) 16:01 No.295 [返信]
うつ病関連

bear.gif
何の事はない、
ある事を知れば【うつ気分】は簡単に改善する。
その時、
心は満開の桜の中で解放される心地よさ!を味わう。


ある事を知らねば、
強いプライド(自尊心)の中で睡眠障害と戦い死ぬまで苦しむ。
苦しさに負けて死を選びたければ・・・勝手にするしかない。


馬鹿げた死を選ぶより、
うつ気分はピンチだが、大きく羽ばたくチャンスになる。

体には骨折すると【痛い】というシグナルがくる。
心にも【うつ病】という苦しいしいシグナルがくる。
どちらも放置すると悪い結果になる。

user.png さがらごろう time.png 2022/06/13(Mon) 15:35 No.294 [返信]
うつ病関連

bear.gif 心に生じる苦痛【うつ病】、それは大切な脳からのシグナル。
苦痛というピンチをチャンスに変えるシグナルです。



今朝寺本さんが投稿されていました。
これは【うつヌケ】の大きなヒントになります。

【心に苦痛が生じた時、それはピンチですがチャンスになります】
ピンチは次のステップへ進むチャンスですが、
どのようにピンチを乗り越えて行けば良いかを【DVDや参考書】で表現しています。

先ずは次の動画を見て下さい。

【 https://www.facebook.com/watch/?v=460130202243166 】

生きていく上で難しい問題が出てきますが、よくよく考えると身の周り全てが、
周りの人からの支えで生活が成り立っています。
何気なく過ごしている状況は【当たり前】ではなく、【お陰様】と言うべき日常が続いているのです。
【雨の日に安い傘が売っていた】などを、いろいろお陰様です・・・と意識し、
感謝の言葉で【ありがとう】が言える事が【思考の修正】になり、ピンチをチャンスに切り替える事です。
気落ちしていた心にパワーが生じるキッカケになります。

ピンチの時は【お陰様でありがとう】を意識すると苦痛が改善していきます。

user.png さがらごろう time.png 2022/02/08(Tue) 14:38 No.291 [返信]
Re: うつ病関連
bear.gif
近年、薬つけの治療を受けている人や家族は、
うつ病はなかなか治らない不治の病と勘違いしている方が多くいます。

そうじゃありません。
試験に落ちた、失恋した、借金した、コロナで会社が倒産した、癌になった・・・ETC
いろんな事があって苦しんでも、
皆さんは乗り越えて生きています。
ピンチを乗り越えた先に、今があります。

振り返ると苦しみながらチャンスに切り替えています。

【ありがとうの気持ち】をもつと、
うつ抜けのレールが見えてきます。

決して長くかかる苦痛(うつ病)ではありません。

user_com.png さがらごろう time.png 2022/02/08(Tue) 14:39 No.292
うつ病関連

bear.gif その2
【うつ病】で薬を飲むな!
【その理由】・・・とは?



始めに
うつ気分(強いうつ気分:通称うつ病)は、
世間一般では悪いことのように受け取られ、医療では薬物治療が行われています。
本当は【うつ気分が出るの良い事】です。

スポーツで怪我をした。
足が痛い 手が痛い・・・骨折した。
この痛みは怪我をしたというシグナルです。
同じように心の苦痛は思考(考える・判断する)に対して、
【その考え方では集団生活に適応出来ないよ】と言うシグナルです。

この投稿を読まれている方は思い起こして下さい。
今まで何らかの失敗をした時に気落ちしていませんか?

気落ちし苦しみながらも【これじゃダメだ】と、
反省したり後悔したりしながら人生の荒波を乗り越えて来たのではないでしょうか。

心に生じるうつ気分(苦痛)は、
【おいシッカリしなさい、考え方の悪い部分はなおしなさい】という単なるシグナルです。

人は群れの中(集団生活)で生きています。
群れに適応する考え方が必用だと心の免疫が教えています。
心に心配や悩み不安などは、ありがたいシグナルです。

群れに適応しない考え方(思考障害)をすると、
心の苦痛が生じると理解して下さい。
歩きすぎて疲れた足が痛い(体の苦痛)のは、
少し休みなさいと言う体のシグナルです。
心の苦痛も一緒で、心を健康にするシグナルです。

うつ気分は大切な【心のシグナル】で、
貴方への大切な贈り物です。

・・・・・②へ続く・・・・・

user.png さがらごろう time.png 2022/02/08(Tue) 14:32 No.287 [返信]
Re: うつ病関連
bear.gif

【自力本願】
うつ気分が出たときは、
なぜこんなに苦しいのだろうと考え、立ち直ります。
成長過程で何度も何度もうつ気分を味わった人は強くなります。
シグナルを受け容れ立ち直ると人間性が高まります。
ひと(他人)に優しくなれます。

その大切なうつ気分というシグナルを覚醒剤や酒で紛らわせてはいけません。
向精神薬などでうつ気分をとり省くと、
折角考えて成長しているのに考える事が出来なくなります。
己の心の成長を阻害してしまいます。

【他力本願】
うつ気分が軽いとき(自信がないとか言い訳をする)はそれでも良いのですが、
強い(恐怖心が伴う)うつ気分(通称うつ病:思考不全)が出ると思考が混乱し考えがまとまりません。
こんな時は長期に薬を利用するよりカウンセリングが有効です。
自分だけで考え込むような無理をせず、
ひと(他人)の力を借りれば良いのです。

うつ気分の時に薬を使うのを控えて欲しい。
それは、
・うつ気分が出たときに薬で考える事を止めるからです。
・心の強さや成長を疎外するからです。

user_com.png さがらごろう time.png 2022/02/08(Tue) 14:34 No.288
Re: うつ病関連
bear.gif ここで大切な事はがあります。

【軽度のうつ病】とありますが、その見分け方です。
私の区分方法は、
うつ病予備群と強いうつ気分に分けています。
予備軍(思考障害)も軽度・中度・重度です。

区分の仕方は簡単ではありません。
軽度の人には薬は不必要とありますが、
人の心は何時も一定(平常心)ではありません。
一瞬で変化するのが人の思考であり、それに伴う気分です。
長く死を意識していても簡単に自殺しません。
1人で死ぬのが怖いからです。
こんな人は他人を巻き込んで死にます。

ほとんどの場合、
瞬間的に(発作的に)に死んでいるようです。
その瞬間に心の薬を合わせ、調剤するのは難しい世界だと思います。
(ですが、カウンセリングではそれが可能です)

【いかに優れたお医者さんでもこれだけ多くの薬剤のすべてについて理解しろというのは無理です。】とあります。

大丈夫です。
受診者の顔を少し見て、
言葉を聞きながらパソコンと【にらめっこ】していれば教えてくれます。

user_com.png さがらごろう time.png 2022/02/08(Tue) 14:35 No.289
Re: うつ病関連
bear.gif
人間の武器は2つあります。
【思考と言葉】です。
何かを考えたり判断する【思考】
自分の思いを相手に伝える【言葉】

お酒を飲みベロベロになると思考は支離滅裂。
覚醒剤でも一緒です。
うつ気分だと言って病院で処方される薬は良いのか悪いのか?
うつ病の改善方法は色々あって良いかと思います。
うつ気分は早期に改善する事を前提にして、
ご自身で判断されて下さい。

・・・・・・ご注意・・・・・・

うつ気分には、うつ病(思考不全)だけでなく、
統合失調症(旧:分裂病)や双極性障害(旧:躁鬱病)などもあります。

これらは脳内の情報伝達等々に障害があります。
脳内に障害があれば、
考え方を変えただけでは苦痛は改善しません。
現状では、その病気にあわせた投薬が必用です。
【主治医の判断(診断)が重要です。】

またこれらの人は自分の意思(思考)で、自由に生きる環境を選べません。
自由に心をコントロール出来ない障害をもっています。
誰かに害を与える障害ではないのです。

障害者を【障がい者】という世間の風潮こそ大いなる差別でであり、偽善的な発言です。

user_com.png さがらごろう time.png 2022/02/08(Tue) 14:36 No.290
うつ病関連

bear.gif その1
【うつ病】で薬を飲むな!
【その理由】・・・とは?



質問があれば何でもされて下さい。
なければ勝手に【理由の説明】を進めて行きます。

user.png さがらごろう time.png 2022/02/08(Tue) 14:23 No.282 [返信]
Re: うつ病関連
bear.gif

通称:うつ病と薬の関係で下記4件の投稿がありました。

1,うつ病と言うが】【病気ではない】
2,うつ病には薬、必用でクスリで治る、だが再発する、
  80歳過ぎると医者が必用
3,クスリを服用しすぎると毒になる
4,クスリは全て毒、
  毒をもって毒を制す仕組みを治療者は忘れてはいけない

user_com.png さがらごろう time.png 2022/02/08(Tue) 14:24 No.283
Re: うつ病関連
bear.gif
強いうつ気分(通称:うつ病)は死を招くことがありますが、脳内には何も障害(病気)はありません。
脳内の機能が正常なので、心の免疫が働きうつ気分になります。
病気ではない・・・・・この投稿に大賛成です。

体調が不良の場合にいろんな薬を服用しますが、
服用の仕方次第では【薬は毒】になりそうです。
うつ気分に薬は【毒】になります。
その理由は今回の大切なテーマなので後述していきます。

【抗うつ薬などを服用すると治るが再発する】
これは治ったとは言いかねます。
薬で心を抑制されているだけで治っていません。
再発ではなく、うつ気分が薬で誤魔化されているだけで続いています。

user_com.png さがらごろう time.png 2022/02/08(Tue) 14:26 No.284
Re: うつ病関連
bear.gif
気分が落ち込んだ時に【覚醒剤:危険薬物】などを使用したりお酒を飲むと、
落ち込んだ気分が高揚しますが、
抗うつ薬などはこれと同じだと判断しています。
なぜなら、
そのような薬品を使わずとも、カウンセリングで心が軽くなるからです。

覚醒剤だと、
国際社会や国・警察などが徹底的に取り締まりますが、
同じような効果効能をもつ抗うつ薬・向精神薬が取り締まりの対象にならないのが不思議です。

うつ病でもないのに、
生活保護を受け、
幾つかの精神病院を廻り向精神薬中毒になる人もいます。

user_com.png さがらごろう time.png 2022/02/08(Tue) 14:27 No.285
Re: うつ病関連
bear.gif
【ここからが本題です。】

今回目を通される人は少ないでしょうが、
後日 今年の春過ぎに、
これから起こす文章を見る人が多く出るかと思います。

60年近く精神構造分析をし、
その結果で書き述べますが、
精神科医や製薬会社からは猛批判を浴びることでしょう。

ある意味、
多くの人の心の苦痛や自殺防止、
戦争の抑止力を高めるため、
地位や名誉・財産・権力・・・お金などではなく、
私の小さな人生や 大きな家族の命をかけています。

必ず、
引きこもりや自殺防止のお役に立てるように、
残りの人生を費やしていきたいと思います。

user_com.png さがらごろう time.png 2022/02/08(Tue) 14:28 No.286
うつ病関連

bear.gif 困った時に【頑張れ】の声援対応の仕方で、明日への希望や夢が実現する




先般の東北大震災後、
ある新聞に現地で被災した人の投稿文があった。

この人は、
【頑張れ 頑張れと周りの人は言うが、これ以上何を頑張れと言うのか】と、激しい文章であった。

周りの人は直接手出しが出来ないので言葉で励ましている。
【頑張れ! 頑張れ!】と・・・。

頑張れと言う人は何をどう頑張れと言うのではない。
【1人じゃないよ・・・】と励ましているのだ。
何故なら・・・1人は孤立し苦しみが深まるからだ。

【頑張れ】と励ましの言葉を受けた時。
反発するか感謝するかで、
その後の【心の免疫の働き】が違う。
他人の励ましに対し、
対応の仕方で強くもなれるし弱くもなる。

その選択は自由だが、間違ってはいけない。

user.png さがらごろう time.png 2022/02/08(Tue) 14:21 No.281 [返信]
処理 記事No 暗証キー

- YY-BOARD -