おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
アイコン [アイコン参照]
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 画像認証
文字色
arrow.png
心が落ち込んだ時

bear.gif 心が落ち込んだ時、うつ病には薬よりも【人薬】が効く。


【1人になるな、1人にするな】

うつ病って何?と問えば、医療関係に関わっている人ほど脳の病気と言います。

それは間違いです。

心の仕組み(心の解剖図)を理解すれば一目瞭然ですが、
脳内には何も異常がありません。

それより、
脳の機能的な障害が何もないのでうつ気分になります。
脳が健康で機能的に活動しているので、うつ病になるのです。

人は常に群れの中で生活しています。
人の群れと何らかの関りをもって生活しています。

その関りがなくなり孤立したときに強い恐怖心が生じます。
この時の心の状態が通称:うつ病と言われています。

孤立しているので周りの人が支えると、
孤立から解放され一瞬でうつ気分は改善します。

うつ気分が強い人には、
抗うつ薬や向精神薬よりも周りの人の支え(人薬)の方がうつ気分の改善には効果的です。

user.png さがらごろう time.png 2020/08/24(Mon) 13:47 No.90 [返信]
子育ての躾

bear.gif 【心の免疫】は子育て中の躾に起因する。
躾を間違うと、子供の【心が不健康】になる。


25年ほど前になりますか?

子育ては【ほめて育てる】という時がありました。
親御さんは幼児教育者で兎に角子供は【ほめて育てる】に徹していたようです。

ですが、
子供は親を憎んでいました。
こんな親にはなりたくない。
余りにも【ほめられる】ので親の顔色を伺い、本来の自分を見せることが出来なかった。

親の【ほめる】という行為で自分の言動を束縛・誘導され、親の管理下に置かれていたと言います。

躾って難しいですね。
ほめてもダメ。
怒り散らしてもダメ。

何が良いのか?
束縛や誘導・強制ではなく、
子供に失敗の経験をさせるべきですね。
子供に成功の経験をさせるべきですね。

子供には失敗する【権利】がある。
親には子供の失敗を見守り支える【義務】がある。
とも言います。

經驗を重ねる事で、
子供は自分の心を守る【心の免疫】が出来てきます。

user.png さがらごろう time.png 2020/08/24(Mon) 13:42 No.89 [返信]
今日は75回目の終戦記念

bear.gif 今年の夏はお盆帰省をしない人が多いという。
新幹線もがら空きが多いという。
そんな中、コロナなんて怖くないインフルエンザみたいなものだという。
流行性の風邪であれば夏には収まるのに、今は感染者が拡大しているが、その説明がない。

国は二転三転しマトモナ指示を出さない。
政府の長はダンマリを決め込んで逃げているように感じる。
人が集まるとヒソヒソ話で、10月頃に解散総選挙があるのではと言う。

このコロナ騒動でお金が必要な時期に何も選挙でお金を使う必要があるのかと疑問が残る。
安倍さん大丈夫なのだろうか?、とヒソヒソ話が多くなっている。

コロナ感染防止で何かにつけ潔癖な人が多くなると、知らず知らずの内に対人関係が不信感で充満するので危険だ。

うつ病は3時間もあれば改善するのだが、自分は重症だから治らないと決め込んでいる人がいる。
私からすると、うつ気分の重い人ほど改善するのは早い。
周りの人は信じれない様だが、ほんとの事だ。

春先になると【花粉症や鼻炎】で苦しむ人が多い。
今年のコロナ騒動で【花粉症】の人が激減しているのではと思う。
花粉症をもつうつ病の人がカウンセリングを受けに来るが、
うつ気分が改善すると、花粉症も収まっている。

医療はもう少し、花粉症の研究をして欲しいな。
心の免疫と身体の免疫の相関関係を調べてみると良い。
花粉症で苦しんでいる人が救われるのではないか?と思う。

さあ~今日は【お盆の送り火】、ご先祖様をお見送りしなきゃと、動き始めよう。

user.png さがらごろう time.png 2020/08/15(Sat) 18:18 No.87 [返信]
コロナの予防には・・・。

bear.gif 本当かどうか分かりませんが。
こんなデータもあるようです。


キャベツとキュウリを食べると新型コロナで死なない――。こんな研究結果が発表されて話題になっている。

「調査をしたのはWHO傘下の『世界呼吸器疾病連盟(GARD)』の研究陣です。仏モンペリエ大学医学部のジャン・ブスケ名誉教授が中心になり、国ごとの新型コロナの死亡率と野菜の消費量の関係性を調査した。するとキャベツの消費量が1日1グラム増えると国の死亡率が13・6%低下。キュウリの場合は15・7%低下する可能性がみつかり、医学論文公開サイト『medRxiv・org』に論文をアップしています」(国際政治経済学者の浜田和幸氏)

 この論文によると、コロナによる死亡率が世界最低水準のラトビアでは、1人が1日平均30グラム近いキャベツを消費している。一方、死亡者が多いベルギー、英国、スペイン、イタリア、スウェーデン、フランスではキャベツとキュウリを摂取する割合が少ない。フランスの消費量は1グラム、他の5カ国は5グラム未満だったという。

 いったい、キャベツにどんな効果があるのか。本当に新型コロナに効くのか。

 ハーバード大学院卒で医学博士・作家の左門新氏(元WHO専門委員)は論文を読んだ上でこう解説する。

「野菜をはじめとした植物の中にはスルフォラファンなどの抗酸化物質があり、体内の炎症を防いでくれます。このスルフォラファンを多く含むのが、アブラナ科の植物であることは以前から分かっていました。研究チームが10種類以上のアブラナ科の植物の消費量を調べたところ、そのひとつのキャベツをたくさん摂取する国のコロナ死亡率が低いことに気づいたのです。キュウリはアブラナ科ではありませんが、やはりスルフォラファンの含有量が多い植物です」

 人間の体には「Nrf2」というタンパク質があり、人体の炎症を防ぐ機能を持っている。この力にキャベツとキュウリから得たスルフォラファンがプラスされると威力が強まるという。スルフォラファンがNrf2を補佐することで炎症を抑える力が増し、肺炎が重症化しないよう働きかけているわけだ。

「今回の研究はヨーロッパの人々を対象としたものですが、この原理が正しければ、われわれ日本人もキャベツとキュウリをたくさん食べたほうが新型コロナの重篤化を防げるかもしれません」(左門新氏)

 今夜から、とんかつを食べるときはキャベツの大盛りとキュウリのぬか漬けを注文したい。

user.png さがらごろう time.png 2020/07/28(Tue) 14:26 No.86 [返信]
無題

bear.gif 梅雨も今日までか・・・。
チョット気になる事がある。

user.png さがらごろう time.png 2020/07/24(Fri) 11:55 No.78 [返信]
Re: 無題
bear.gif 【戦争は駄目だ!
・・・・・それでも、話し合いの道があるはずだ。】
今まで福祉施設を幾つも建ててきたが、
何時も抵抗勢力(水利権者)がいて困り果てた。
① 北海道から各地にある綺麗な水源地が中国人に買い占められているというウワサは、嘘か本当か?
② 日本の水道事業を民間に転移するという話は、
嘘か本当か?
③ 尖閣侵入は中国の領土拡張の布石と言う話は、
嘘か本当か?
④ 新型コロナウイルスが近頃また蔓延してきたが、
それでも【GO-TOトラベル】を唱え安倍さんを脅している【2F】がいるというウワサは、嘘か本当か?
⑤【2F]が安倍さんが言うことを聞かなかったら【石破さん】を押すというウワサは、嘘か本当か?
水源地と水利権を抑えられたら、
中国の許可なしでは日本中で建物が建たず道路もできない。
国内の基幹インフラが土台から崩れるが、
国はそれでも【2F】に忖度していくのかな?
・・・等と、証拠もないので嘘か本当か?気になる。

user_com.png さがらごろう time.png 2020/07/24(Fri) 11:57 No.79
Re: 無題
bear.gif 私は近頃思うのです。
日本国が2兆円以上出してジェット戦闘機を買おうとしていますが、
その内の4~5機分をスパコ(スーパーコンピューター)の
開発・研究費にあてた方が良い。
戦闘機で戦うより世界最高のスパコがあれば、
相手の国のスパコに入って、
相手の衛星、戦闘機、空母、潜水艦・・・等々を自爆させれば早く解決しそうだ・・・と思うのです。
また・・・・・。
米国の海兵隊の兵隊さんが戦地から帰還してくると、
多くの兵隊さんがうつ病になり、毎日2~3名の人が自殺しているとか?

user_com.png さがらごろう time.png 2020/07/24(Fri) 12:02 No.81
Re: 無題
bear.gif それよりも、
戦争は如何に傷ついても誰も責任を取りません。
うつ病など3時間もあれば改善するし、自殺も防げる。
その為には、日々の【心の健康】が必要です。
心が健康になるには、考え方に【理性】をもたねばなりません。
近年のゲーム機世代は対人関係より、
スマホから情報として知識を取り入れています。
スパコの情報には理性がっ入っていません。
理性がない情報で判断すると争いが生じます。
怖い時代になってきました。
スパコに理性を入れ込んだ方が、
戦争準備でお金をかけるより安全です。
もう私の残り時間では間に合わない。
日本人の誰か理解した人(企業組織・国)に、
スパコに理性を入れる【設計図】を預けます。
これがず~~っと気になっていました。

user_com.png さがらごろう time.png 2020/07/24(Fri) 12:03 No.82
Re: 無題
bear.gif   【中村さんより返信がありました。】

中村 浩之
相良先生、すでに見えない戦争(世論戦、心理戦、法律戦と言われる三戦に加えて宇宙空間の軍事利用、サイバー戦、電磁波戦まで)は始まっていると言われてます。
そしてこれらの見えない戦争は全てコンピュータが計算し、予想し、人間に実行内容を助言してるはずです。
兵器は、そのネットワークの中の1つの部分です。F35 戦闘機でも、ネットワークのセンサーであり、ミサイル・爆弾を運ぶプラットフォームです。戦車も軍艦も兵士もネットワークに組み込まれた一つのパーツだと思います。
ところが、コンピュータだけでけりがつくなら、ゲームでかたがつくことになりますが、人間はそれほど賢くない様です。ゲームで決着を付けるだけでは足りないと思う人は、武器を持って向かってくるのです。例えば銃やナイフ、それにパソコンで向かって行っても勝てません。それを使わせない様にすること、戦わずして勝つ為には如何にするべきか議論しないといけないと思います。

user_com.png さがらごろう time.png 2020/07/25(Sat) 05:45 No.84
Re: 無題
bear.gif   【中村さんへ返信した文章です。】

今晩は、ありがとうございます。
今日の一日は梅雨のどしゃ降りの雨、そうかと思えば真夏のようなカンカン照りの晴天で、梅雨と真夏が入り乱れた一日した。
最後には【銃やナイフ】を持ち出して戦う。
そんな気持ちが私の深層心理の中にありそうです。
ですが70を過ぎ、誰かに戦いを委ねなくてはいけない歳になりました。
文中にある【戦わずして勝つ為には如何にするべきか】を長いこと思案してきました。
理性(ルールやマナー、常識・道徳心・協調心・・・等々)という情報を如何にしてコンピュータに取り込むかを、うつ病の改善法と一緒に【・・通】という会社の上層部と話し合いをしたことがあります。
莫大な金額で多くのエンジニアが必要だと知り諦めました。
(本当はもう少し粘っています。)
現在米国の国防省に所属する軍人の多人数がうつ病になっています。
その人を含め家族を、日本でいえば生活保護費で支えています。
如何に帰還兵が戦時のトラウマになっていようが、短時間で、うつ病や自殺を防ぐことができます。
うつ病や自殺防止はイコール【心が健康】になる事です。
心が健康になれば、
海を挟んだ隣国とも話し合いの機会が生じる可能性がありそうです。
韓国は十数年前、中国は昨年の3月にある有力者が来られ政府に紹介するとの申し出がありました。
近年の世情を鑑みて体よくお断りさせて頂きました。
ですが、
今年に入ってからの中国の動き韓国の動きを知るにつけ、これではいけないと思い始めています。
ネット上の情報だけでなく、もう少し多くの情報が入っています。
トランプさんが秋の選挙で負けたりすると、その後を誰がするか分かりませんが、今の政府であればと仮定し、日本の置かれている状況を危惧しています。
【戦力アップが戦争の抑止力になる】と言う意見も理解できますが、
やはり私は、戦争だけは回避せねばと思っています。
今の私は若い女性2人に支えられてヨタヨタしていますが、
彼女達だけでなく我が子や孫、
お世話になっている日本の同胞諸氏の将来に対し、
自分のできる範囲で責任ある行動をしたいと思っています。
それで戦争防止ができるとは到底思えませんが、
それでも残り少ない人生を【心の健康法】として周りに伝えていくことしか出来ることがないと判断しています。
今回、わざわざご意見を頂きありがとうございます。

user_com.png さがらごろう time.png 2020/07/25(Sat) 05:49 No.85
日本農業、田を守れるか?

bear.gif どうやら今日で梅雨も終わりか?と思わせるような残り梅雨で、
昨晩から雷や大雨が降り続いています。

先日の大雨の後で【ジャンボタニシ】が大量に増えているとか?

困ったもので国は、

【農水省はまた、新たに大量発生した地域に対し、駆除に必要な農薬散布などの費用を補助する方向。同省幹部は「コメどころに広がれば被害はさらに深刻となる。未発生地域でも対策を共有することが重要だ」と話した。】
と農家を支援する言葉を発しています。

農家支援は良いことですが、
改めて【農薬を多量に散布されるのか?】と不安をもちます。

あまり農薬を使わないで欲しいな! 

user.png さがらごろう time.png 2020/07/24(Fri) 12:50 No.83 [返信]
うつ病が消え、今度は再発

bear.gif 40日前の就業時間にご婦人が来られた。
女性スタッフ2名が対応。
話の途中から私も対応。
娘が落ち込んでいるが…どうにかならないか?
ある女子大卒で26歳。
今は自粛中だが、
スタッフ2名のカウンセリング技術向上を考え、
当事者(娘)と会うことにした。
両親と一緒に娘が来た。
父親はもと公務員。
母親は現職で教職。
カウンセリングは3時間。
娘よし子(仮称)のうつ気分は消え元気になった。
だが長年の感で、
よし子の再発防止が難しそうだ。
10日後から3か月間、週5日来ることになった。
生活が、朝と夜が逆転していた。
精神科医の中にうつ病の人は、
真面目で几帳面だと思っている人がいる。

user.png さがらごろう time.png 2020/07/24(Fri) 11:43 No.71 [返信]
Re: うつ病が消え、今度は再発
bear.gif 真面目で几帳面と言う判断は間違いではない。
だが・・・その判断に、うつ病改善の落とし穴がある。
うつ病と診断された人には申し訳ないが、利己的なのだ。
人は群れ(集団)で生きている。
1人では生きていけないのだ。
群れに適応できなければ、孤立する。
孤立から抜け出せないと自殺する。
抜け出す方法が分からないと自殺する。
よし子にじっくり時間をかけ、
群れに適応する方法を1か月間伝えてきた。
よし子が泣いた 泣いた。
毎日泣いた。
私がこんなに苦しいのは母親が悪いからだ。
毎日親の悪口が続いた。

user_com.png さがらごろう time.png 2020/07/24(Fri) 11:45 No.72
Re: うつ病が消え、今度は再発
bear.gif よし子に言った。
心に苦しみがあるのは理性がないからだ。
人は群れの中で生きるが、
理性なき者は群れを壊し人間力を壊す。
理性なき者は仲間外れになり排除される。
その瞬間強いうつ気分になる、これがうつ病だ。
理性とは、
ルール、マナー、常識、道徳心、協調心・・・などなど。
理性を突き詰めていくと【ルールとマナー】だ。
ルールとは、約束・規則などだ。
マナーとは、相手に対する思いやりだ。
ルールにも2つある。
権利と義務だ。
よし子は規則の中で権利の主張をするが、
義務を無視している・・・と言い放った。
よし子は泣いた 泣いた。
我が家は小さな障害者の福祉施設だ。
その施設の中で昼食後、
机の上に両手をだらしなく伸ばし仮眠の体制で仮眠を取ろうとしていた。
注意した、だが
昼休みだから何をしても勝手だ! と言い切った。
近くにいた人は驚いた。
近くにいた来客者はもっと驚いた。
勤務時間には拘束時間と言うのがあると説明した。
学校内で教師の拘束時間。
病院内でスタッフの拘束時間。
役所職員の拘束時間。
いろいろ例を挙げて説明した。
よし子はピクリとも反応しない。
労働者の権利がある。
権利を無視するのは間違いだという。
保育所の先生が昼休みだからと、
勝手にだらしなく子供の前で昼寝をしても良いか?
と問うと、それは先生の権利だから良いと答える。
一瞬、返答に困った。

user_com.png さがらごろう time.png 2020/07/24(Fri) 11:47 No.73
Re: うつ病が消え、今度は再発
bear.gif よし子は権利の主張をするが、他は何を言っても聞き入れない。
それならばよし子が、
駅まで急いで行きたいのでタクシーに乗った。
その途中で昼の12時になった。
運転手さんが昼休みだからと休憩をした。
それで良いか悪いかと尋ねた。
それは悪い、困ると言う。
強い弱いがあるが、
うつ病になる人の特徴は自己中心的で利己的である。
この利己的な考え(思考)を修正するのが、
うつ病の治療で使われている【認知療法】だ。
この心理療法を、
うつ病の人に使用している精神科医もいるが、
これはうつ病の予備群に使用する
【うつ病の予防法であり、再発防止法】だ。
それなりの大学を卒業し今年で26歳。
それなりの常識(理性)をもって良さそうなのだが、
このレベルである。
一見、
アスペルガー症候群とかERDを疑う。
また境界性パーソナリティ障害かとも疑う。
ここ迄 酷くなくても似たり寄ったりだ。
これ普通にいるうつ病と言われる人の思考だ。

user_com.png さがらごろう time.png 2020/07/24(Fri) 11:48 No.74
Re: うつ病が消え、今度は再発
bear.gif 1か月間かかったが、
日に何度も話を受け入れず泣き明かした。
それでも、
どうにか自分の考え方、
判断の仕方が周りの人と違うと理解した。
うつ病の強い苦痛は3時間もあれば改善する。
だがそのままにしていると再発する。
時間をかけて再発予防が大切だ。
それでも殆どの人は1日ないし2日で終わる。
昨夜両親と3人で【卒業】の挨拶に来た。
うつ病予防法の研修を卒業した。
昨日の卒業前になったが、
トンデモナイ話を聞いた、

user_com.png さがらごろう time.png 2020/07/24(Fri) 11:50 No.75
Re: うつ病が消え、今度は再発
bear.gif よし子はトイレの使い方が身勝手だと言う話だ。
我が家は水洗トイレだが、
よし子はトイレを使用した後、
水を流さないという。
本人に聞くと、
流れないものは流れない、トイレが悪いと言う。
見つからなければ、それで良いという考え方だ。
よし子の今は、
屈託なく笑うし明るい。
最初に来た時の鬼の形相はない。
うつ病の特徴は、
明るく几帳面に真面目だという。
この時の心底には、
自分だけを【受け入れて・認めて・ほめて】と言う欲がある。
言い換えればチームワークを無視する。
群れ(集団)の活動を乱す。
余り性格が良いとはいえない。
酷い言葉でいえば性格が悪いのだ。
うつ病は薬など必要ない。
悪い性格を自ら気付き、自分で直せば良いのだ。
だがうつ病を改善するには、
カウンセリングが有効だ。
うつ病の治療者は自分自身だ。
自分の心を変えられるのは自分しかいない。

user_com.png さがらごろう time.png 2020/07/24(Fri) 11:52 No.76
Re: うつ病が消え、今度は再発
bear.gif 強いうつ気分になる原因は脳機能の障害により、
病名も治療法も違います。
うつ病(強いうつ気分)になるキッカケはたくさんあります。
高齢者うつ、出産後うつ、季節性のうつ、肝炎治療中のうつ、外科手術後のうつ・・・。
借金からくるうつ、失恋後のうつ、テスト後のうつ・・・。
いろんなキッカケで【うつ気分】をもちますが、
それでも気分の元は脳です。
心の不具合(心の不健康)は脳内の働きです。
心に強いうつ気分が来ますが、それは思考を管理している脳の働きによります。
脳の働きは、
ライオンはライオンだけの脳をもっています。
馬は馬だけの脳。
トラはトラの脳、キリンはキリンの脳、魚は魚の脳。
人間は人間だけの脳をもっています。
うつ気分が弱くても強くても構いません。
心(思考)を管理する脳は、一定の法則に従い機能し気分を作ります。
その法則を理解し応用できれば心を管理(コントロール)できます。
私はうつ病という脳の病気はないと断定しています。
早期発見と言われていますが、
この早期の時期は個人差があるでしょうが、
おおむね小学校の4年生ころに、
自分は何か違うと気が付いている人が多くいます。
早期発見・早期治療という言葉も出てきますが、
これは早期受診・早期治療だと思われます。
人間誰しも強弱、軽い重いがありますが【うつ気分】を経験しています。
それは、人間の心の発達に欠かせないからです。
うつ病の治療法はたくさんあるようですが、
如何に医者の元で早期治療をしても、
医者ではうつ病を治せません。
治せるのは自分自身だけです。
何度うつ病を繰り返していても構いません。
高年齢でも構いません。
脳がシッカリしておれば即改善します。

user_com.png さがらごろう time.png 2020/07/24(Fri) 11:53 No.77
心の仕組み

bear.gif 【心の免疫】

精神構造分析を56年続けてきて思うこと。
それは心(脳機能)が単純にできていることです。

体の免疫はよく知られていますが、心の免疫は知られていません。
と言うより、皆さんがあまり関心をもたないからです。
体の免疫は体が健康を維持するように機能しており、病魔とも闘っています。
同じく心の免疫機能を心の解剖図を通して眺めていると、心が健康になるために機能しています。
心の健康とは対人関係が良くなり幸せな心を得たときですが、心の健康を得るために脳機能ができています。
それなのに何故「うつ病や自殺」が生じるのか不思議ですが、心の解剖図で心を覗くと、
心を健康に保ち【集団生活に適応するよう】、脳機能がセットされているのが分かります。

ケガをした時に体は【痛い】と反応します。
蚊に刺されると体は【かゆい】と反応します。
毒蛇に噛まれると腫れあがって反応します。
大きな音にも強い光にも体は反応し、身体を守っています。
古代からの積み重ねで体が反応するように体の免疫機能ができています。
同じように心の免疫機能も心(思考:考え方)を守るようにできています。

user.png さがらごろう time.png 2020/07/14(Tue) 08:16 No.67 [返信]
Re: 心の仕組み
bear.gif 【うつ病という心の苦痛は良いことです。】

人は群れ(集団生活)で助け合い生きています。
捕食動物の頂点に立つのは人間ですが、一人ではなにもできません。
古代の【狩の時代】は、人が群れ(集団)で狩りを行っています。
人が集団行動するのはどんなに捕食動物の頂点にいても、単独での行動はライオンなど強い動物に捕食されるからです。
ケガをした時に【体は痛い】と反応しますが、単独(孤立)での行動をすると【心は怖い】と反応します。
人の脳は良くできたもので、
対人関係を「自分勝手な考え」(思考)で行うと群れから外され仲間外れになり孤立します。
その時の心(脳)は、怖い気持ちが生じます。
孤立すると恐怖心が出てくるのです。
孤立すると恐怖心が出るように、脳はセットされています。

通称:うつ病とは、対人関係で孤立したときに生じる心の苦痛です。
言い換えれば孤立したときに生じる【強い恐怖心】です。
恐怖心は孤立してはいけないという、古代から脳にセットされているSOSなのです。
自分勝手な考え、利己的な考えを改めなさいというSOSなのです。
心の免疫が作動しSOS(恐怖心)で思考の修正を求めているのです。

user_com.png さがらごろう time.png 2020/07/14(Tue) 08:20 No.68
Re: 心の仕組み
bear.gif 人は集団で生活するように脳がセットされています。
孤立すると恐怖心が出るようにセットされています。
孤立して死なないように心の免疫が備わっています。

利己的な考え(思考)で群れの生活を乱さないように脳機能が働いています。
うつ病の心の苦痛と言うのは、脳が利己的な考え方を止めなさいというSOSの信号です。
心の免疫とは本人を守りますが、それだけでなく人間という【種】を守る働きもあります。
利己的な考えをしていると心に苦痛(恐怖心)がきてうつ病と言われますが、この苦痛というSOSを無視して考え方を改めないと、脳は【死】を選択させます。
追い詰められて自殺するのは考え方を改めないで、集団生活を乱し、人間の種を守れないときです。

脳の仕組みは簡単にできています。
苦痛がくれば利己的な考えを改めれば良いのです。
対人関係を尊重する考え方になれば良いのです。
集団生活に適応する考え方が大切です。

ケガをして痛みがなく気が付かねば、その傷に菌などが入り大きな傷になります。
利己的な考えをしても心に苦痛がこなければ、対人関係を乱し集団生活ができません。
チームの存続も危険になり、人という種も守れません。
心の苦痛と言う【うつ病】は、言い換えれば自分の利己的な考えを改めるチャンスです。
何度も心の苦痛を乗り越えた人は、穏やかな人格を形成していきます。
うつ病を「何か怖い精神病」と勘違いし、差別する風潮がありますが、そうではなく人を守り種を守るために必要な脳の働き(心の仕組み)です。

うつ病だ!大変な脳の病気だ!と、思わなくても良いのです。
脳内の情報伝達物質:セロトニンの不足だと思わなくて良いのです。
考えを変えるのに、向精神薬や抗うつ薬などが必要ですか?
それらを服薬して、群れに適応する考え方になりますか?
群れに適応しない自分の未熟な考え方は、自分で変えるしか方法がありません。

どんな精神科医でも、どんな高貴な宗教家でも、自分の考え方を変えることはできません。
うつ病の主治医は自分自身だと理解してください。

user_com.png さがらごろう time.png 2020/07/14(Tue) 09:32 No.69
Re: 心の仕組み
bear.gif 【服薬かカウンセリングを受ける】を自分で選ぶ

うつ病は脳内の障害や病気ではありあません。
集団に適応しない利己的な考え方をしているので、対人関係が損なわれ孤立している状態です。
1、うつ病の予備群の人がうつ病を予防するには、(利己的ではない)対人関係を良くする考え方をすれば良いのです。
2、うつ病になり恐怖心があれば、自分の力だけでは改善が難しくなります。
誰でも良いとはいえませんが訓練を積んだカウンセラーによる、カウンセリングを受けた方が早く改善し楽になります。
現在殆どのカウンセリング時間は、3時間程度です。
うつ病は脳機能障害による精神疾患ではありません。
うつ病になった人を障害者と位置づけすべきではないのです。
うつ気分をもつ本人の考え方次第で短時間に改善します。
うつ病の人を精神障害者として、障害者に対する【年金制度】がありますが、本来このような年金は必要ありません。

何故かって、
簡単に、短時間に、改善することに対して、国民の税金を使い年金支給が必要でしょか?
うつ病と診断し長期の治療費、本人が働けないからと年金支給、家族全員の生活保護費。
これらの総額は5兆円とも言われています。
その上、利己的な考え方(うつ病の人、うつ病予備群)の人が会社にいると、会社の損益は計り知れません。

国民の税負担を軽減し、会社の損益を排除するには心の仕組みを通して、うつ病とは何かを理解して欲しいのです。

user_com.png さがらごろう time.png 2020/07/14(Tue) 14:49 No.70
【自信がない】

bear.gif 【自信がない】

うつ病だと言ってカウンセリングを受けに来る人は、総じて【自信がない】と言います。
最初は丁寧に説明していましたが、数が多くなり毎回説明する時間的な余裕がなく、カウンセリング後の再発防止の教室で説明しています。
それもまた次第に時間的な余裕がなくなり、説明が疎かになってきました。

user.png さがらごろう time.png 2020/07/12(Sun) 07:40 No.60 [返信]
Re: 【自信がない】
bear.gif その説明の前に、精神科の診断基準を見てみます。

以下の症状のうち、少なくとも1つある。
1、抑うつ気分
2、興味または喜びの喪失

更に以下の症状を併せて合計で5つある。
3、食欲の減退あるいは増加、体重の減退あるいは増加
4、不眠あるいは睡眠過多
5、精神運動性の焦燥または制止(沈滞)
6、易疲労感または気力の減退
7、無価値観または過剰(不適切)な罪悪感
8、思考力や集中力の減退または決断困難
9、死についての反復思考、自殺念慮、自殺企図
上記の症状がほとんど一日中、ほとんど毎日あり2週間に渡っている症状のために著しい苦痛、または社会的、職業的な重要な領域における機能障害を引き起こしている。
これらの症状は一般身体疾患や物質依存(薬物またはアルコールなど)では説明できない。

上記がうつ病診断に使用される基本的な基準のようですが、これとともに、うつ病の人は真面目で几帳面と言われています。
これらが精神医療のうつ病診断で使用されているようです。

user_com.png さがらごろう time.png 2020/07/12(Sun) 07:42 No.61
Re: 【自信がない】
bear.gif さがら療法では【1、~ 9、】までの説明に異存はありませんが、下記の10項目を追加しカウンセリングを行っています。

1、心配性
2、欲が強い(認められたい・ほめられたい)
3、将来の先読みと過去を振り返る
4、プライドが高い
5、利己的に几帳面
6、利己的に真面目
6、責任転嫁をしながら弱い自分を責める
7、ERDをもつ
8、友達が少ない、いない
9、世話焼き
10、ケチ
これらが強くなると思考不全(通称:うつ病)の判断材料ともなる。

カウンセリングは上記を考慮しながら独自の手法をとり、AM9時からの3時間が基本になっています。
カウンセリング技術は2か月間かかりますので、この場での説明はできません。


【自信がない】について

user_com.png さがらごろう time.png 2020/07/12(Sun) 07:45 No.62
Re: 【自信がない】
bear.gif 【自信がない】について

人の思考は、心配性の人ほど将来の先読みをする癖をもっています。
そんな癖があっても、人の将来は何も決まっていません。
その時が来るまで何も分からないのです。
分からないことを考えると【不安】になります。
それでもクヨクヨと将来の先読みをして、大きな不安を取り込み心配の種を増やします。
その心配性は【過去にこだわる癖】も合わせもち、責任転嫁や自責の念を取り込みます。
自分は未熟だ、小心だ、自信がないと素直に意思表示をすれば良いのですが、
【認めて欲しい・ほめて欲しい】という欲は、自分を受け入れて・認めて・ほめてと利己的に頑張ります。
どんな加重労働もいとわず、利己的に真面目に几帳面に頑張ります。
自分だけという利己的な頑張りは周りに見抜かれ孤立します。

反対に認めて欲しいと欲だけが強く、人並みに頑張らない人もいます。
利己的に頑張っても頑張らなくても、将来は何も決まっていません。
その時が来るまで自分の将来などは、誰にも分からないのです。
自信がないという人は、自信がないという思い込みです。
どんな人でも自信をもっていません。
日々の出来事は瞬時に変わります。
次々に変化する全てに自信などあるはずがないのです。
自信がなくて良いのです。
それが正常だと思われてかまいません。

では日々の生活を「どうすれば良いか?」になりますが、
瞬間・瞬間に対応するには、出たとこ勝負です。
良いことも悪いことも先読みした通りにはなりません。

user_com.png さがらごろう time.png 2020/07/12(Sun) 18:21 No.63
Re: 【自信がない】
bear.gif 【自信がない】と思い込んでいる人。

この思い込みをする人は欲(認められたい・ほめられたい)が強いのです。
自分の誤りを周りに悟られないように言い訳をします。
言い訳ばかりを考え、物事を改善する方法をあまり考えません。
自分だけを守る考えに終始し、欲が強く、その言い訳があたかも正論だと反省をしません。
自分の考えは正論だ!理性をもつ考えだ!と錯覚した考えを押し通そうとします。
周りに「見抜かれまい」と必死に言い訳をしますが、その言い訳は責任を回避していると気が付きません。

情けないことに近年の日本人は、老いも若きも、個人も組織も、問題が生じた時に【問題を提起し】話し合いをしますが、自己責任だけは回避しようとします。
多くの人が問題解決から逃げ、また皆で問題解決しようとしません。
テレビのワイドショーやお笑いを見ていると、
誰かの失敗をあざけ笑い、誰かの不幸を楽しみ、格下の人を作り安心しています。
以前のお笑いの「たけし」さんは、誰かの恐怖や失敗を笑いの種にしていました。
近頃のお笑いの「さんま」さんは、誰かのスタイルや顔などを評価し笑いの種にしています。
それで本当に良いのだろうか?
子供たちが他人の不幸や容子を笑いの種にして欲しくないと思います。

世界のたけしさん、日本を代表するさんまさん。
立派なお二人です。
充分に笑いは堪能できますので、何か子供の心を支える術が欲しいと思います。


教育現場で【いじめ】の話題が多くありますが、いじめや差別をなくさねばなりません。
それらのいじめの被害者が自殺という道を選んでいます。
自殺もなくさねばなりません。

突き詰めた話になりますが、
お笑いを通しての【いじめや差別】を助長すべきではないと思います。
それではテレビ視聴者の数が取れないと言うならば、全くのド素人の私ですが、
【芸人さんよ、芸を磨け】と言いたくなります。
芸の道で何処までが「良い・悪い」との基準は分かりませんが、
芸人としてワイドショーのスタッフとして、考えて頂きたい。
子供たちは日本の宝です。
安易な笑いや評価で、自信のない、責任感のない子供を育てるのを止めましょう。
私にはできませんが、芸の道で匠の技を磨き後世に残してください。

user_com.png さがらごろう time.png 2020/07/12(Sun) 19:19 No.64
Re: 【自信がない】
bear.gif 【自信がなくてもいいのです。】

誰かを評価して笑ったり差別したりするのが良いことではありません。
今の子供たちは親が守りすぎて体感する経験が不足しています。
また本を読むことも少なく、ネット等での情報入手が得意になっています。
テレビやネットで溢れ出している情報が、正しいか間違いかを判断するのが苦手な子が多く見受けられます。
テレビやネットの情報が面白おかしく流れてくると、それを鵜呑みにします。
十分な配慮が必要ではないでしょうか?

間違った情報を取り入れすぎると、判断を間違います。
間違った情報で人の気分(気持ち)が作られ過ぎると、集団の気分が出来上がります。
集団の気分は如何に三権分立といえど、司法の判断を迷わせ【冤罪】を作りかねません。
今の日本と韓国みたいに意思の疎通が難しくなり、お互いに冤罪を浴びせられていると不信感を募らせ、国際交流がまずくなります。
個人が集まり群れを作り組織を作ると、利権が優先し簡単に冤罪は消えません。
ゲームに夢中になっている世代には、十分に配慮した情報提供が大切な時期に来ています。
いがみ合いや憎しみを無くすには、思い込みの判断材料を提供してはいけない時期に来ています。

もう20年もすると、スパコンが人の考えをリードします。
情報の入力次第で、間違った国際社会ができてしまいます。
自信がないと言いながらスパコンに依存していると、理性がないスパコンに誘導され、確認作業を怠り、思い込みの人が増え、争いの社会が構築されそうです。
うつ病予備群の人は明るい話題や楽しい話題を求めます。
FB(フェースブック)などで自分の欲(認められたい・ほめられたい)満たすため【いいね】を追い求めています。
悪いことではありませんが、度を過ぎるとFB依存症のようになり、本来大切な体感する対人関係から得られる理性(ルールやマナー)が欠けてしまいます。

ネットの情報だけで確認せず、韓国が悪い中国が悪いという思い込みをする人が増えています。
世界中の人がネットの情報やマスコミの情報に一喜一憂せず、自分を守り家族を守り、相手を思いやる余裕が欲しい時代になっています。

user_com.png さがらごろう time.png 2020/07/12(Sun) 21:47 No.65
Re: 【自信がない】
bear.gif 【スマホ依存に注意する】

うつ気分の強いのが通称:うつ病です。
うつ気分は全て一緒ではありません。
軽度から最重度までを4段階に分けています。

軽度 :1度   うつ病の予備群
中度 :2度   うつ病の予備群
重度 :3度   うつ病の予備群
最重度:4度・・・・・通称うつ病

安易に【度】で表現していますが、瞬時に変化し度は固定していません。
大多数の人は軽度・中度で、この人たちが【自信がない】と表現しているのを見受けます。。
度などは瞬時に変化するので気にする必要がありません。
1度から3度までのうつ病予備群は、うつ病の【予防】が必要です。
それには自分の考えを【改善】する必要があります。
うつ病になってしまうと考え方を変えれと言っても、そんな思考の余裕はありません
誰かの支えが必要になり、改善するには【カウンセリング】が重要です。
3度の人の中には、自分の考えが正しいと考えを変えない人が多くいますが、本当は一番危険な状況にいるので注意が必要です。

4度に入ったり、3度と4度を行ききしている人はFB(フェースブック)を利用するのも一つの手段です。
3度から4度を行ききしているレベルの人は孤立感を深めていますが、FBに投稿し、相手から【いいね】を頂くと孤立感が和らぎます。
「いいね」を得るには有名人でもなければ、相手の投稿に興味を持ち「いいね」を押し続けなければなりません。

それでも、
【いいね】を期待し過ぎるとFB依存になり、片時もスマホを手放せなくなります。
やはり相手と「対面する対人関係」を良くすべきです。

user_com.png さがらごろう time.png 2020/07/13(Mon) 09:25 No.66
7月5日に心の健康教室を開催

bear.gif この数年間はセミナー用のDVDや参考書作りが忙しく、セミナーやカウンセリングを極力減らしてきました。
特に今年は新型コロナ騒動で自粛という状況が続き、
セミナーは中止してきました。

先日国が自粛の要請を解除したのを受けセミナーを開くことにしました。

場所 :福岡県嘉穂郡桂川町大字吉隈1143
時間 :AM9時~PM5時
参加費:10,000円
昼食費:1,000円 (ピザセット)

教室に入る半分以下の人数で行います。
次回の開催日は追ってHPでお知らせします。

通常はセミナーの参加申し込みをメールで受け付けていますが、
今回は予定人数を満たしています。
なおカウンセリングの申し込みはメールで受け付けていきます。

user.png さがらごろう time.png 2020/06/24(Wed) 21:17 No.57 [返信]
Re: 7月5日に心の健康教室を開催
bear.gif 【うつ病】

その治療法には、
1、 薬物治療として(抗うつ薬・向精神薬・睡眠導入薬)を使用。
2、 外科手術として、頭蓋骨に穴を開け偏桃体に直接、微弱電気を流す。
3、 器具治療として、頭にヘットギアをかぶせ磁気を流す、週に5日間、それを5週間。
4、 心理療法として、森田療法・認知(行動)療法など。

これらが一般的であるが、なかなか治らない人が多い。
うつ病の治療や改善方法が幾つあっても良いのではないか?
と言う趣旨で、7月1日に【さがら療法】を世に出すことにしました。

【さがらセラピー】とは心の健康法であり、
うつ病だけでなく、自粛生活で多くなっている下記問題などにも使用できます。
DV・いじめ・引きこもり・自殺・虐待・犯罪・・・等々の予防や改善、社員教育。

詳しくは今回販売するDVDや参考書で確認できます。

user_com.png さがらごろう time.png 2020/06/28(Sun) 17:44 No.59
処理 記事No 暗証キー

- YY-BOARD -