おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
アイコン [アイコン参照]
暗証キー (英数字で8文字以内)
画像認証 (右画像の数字を入力) 画像認証
文字色
Re: 心の仕組み 投稿者:さがらごろう 投稿日:2020/07/14(Tue) 08:16 No.67

bear.gif 【心の免疫】

精神構造分析を56年続けてきて思うこと。
それは心(脳機能)が単純にできていることです。

体の免疫はよく知られていますが、心の免疫は知られていません。
と言うより、皆さんがあまり関心をもたないからです。
体の免疫は体が健康を維持するように機能しており、病魔とも闘っています。
同じく心の免疫機能を心の解剖図を通して眺めていると、心が健康になるために機能しています。
心の健康とは対人関係が良くなり幸せな心を得たときですが、心の健康を得るために脳機能ができています。
それなのに何故「うつ病や自殺」が生じるのか不思議ですが、心の解剖図で心を覗くと、
心を健康に保ち【集団生活に適応するよう】、脳機能がセットされているのが分かります。

ケガをした時に体は【痛い】と反応します。
蚊に刺されると体は【かゆい】と反応します。
毒蛇に噛まれると腫れあがって反応します。
大きな音にも強い光にも体は反応し、身体を守っています。
古代からの積み重ねで体が反応するように体の免疫機能ができています。
同じように心の免疫機能も心(思考:考え方)を守るようにできています。


Re: 心の仕組み 投稿者:さがらごろう 投稿日:2020/07/14(Tue) 08:20 No.68

bear.gif 【うつ病という心の苦痛は良いことです。】

人は群れ(集団生活)で助け合い生きています。
捕食動物の頂点に立つのは人間ですが、一人ではなにもできません。
古代の【狩の時代】は、人が群れ(集団)で狩りを行っています。
人が集団行動するのはどんなに捕食動物の頂点にいても、単独での行動はライオンなど強い動物に捕食されるからです。
ケガをした時に【体は痛い】と反応しますが、単独(孤立)での行動をすると【心は怖い】と反応します。
人の脳は良くできたもので、
対人関係を「自分勝手な考え」(思考)で行うと群れから外され仲間外れになり孤立します。
その時の心(脳)は、怖い気持ちが生じます。
孤立すると恐怖心が出てくるのです。
孤立すると恐怖心が出るように、脳はセットされています。

通称:うつ病とは、対人関係で孤立したときに生じる心の苦痛です。
言い換えれば孤立したときに生じる【強い恐怖心】です。
恐怖心は孤立してはいけないという、古代から脳にセットされているSOSなのです。
自分勝手な考え、利己的な考えを改めなさいというSOSなのです。
心の免疫が作動しSOS(恐怖心)で思考の修正を求めているのです。


Re: 心の仕組み 投稿者:さがらごろう 投稿日:2020/07/14(Tue) 09:32 No.69

bear.gif 人は集団で生活するように脳がセットされています。
孤立すると恐怖心が出るようにセットされています。
孤立して死なないように心の免疫が備わっています。

利己的な考え(思考)で群れの生活を乱さないように脳機能が働いています。
うつ病の心の苦痛と言うのは、脳が利己的な考え方を止めなさいというSOSの信号です。
心の免疫とは本人を守りますが、それだけでなく人間という【種】を守る働きもあります。
利己的な考えをしていると心に苦痛(恐怖心)がきてうつ病と言われますが、この苦痛というSOSを無視して考え方を改めないと、脳は【死】を選択させます。
追い詰められて自殺するのは考え方を改めないで、集団生活を乱し、人間の種を守れないときです。

脳の仕組みは簡単にできています。
苦痛がくれば利己的な考えを改めれば良いのです。
対人関係を尊重する考え方になれば良いのです。
集団生活に適応する考え方が大切です。

ケガをして痛みがなく気が付かねば、その傷に菌などが入り大きな傷になります。
利己的な考えをしても心に苦痛がこなければ、対人関係を乱し集団生活ができません。
チームの存続も危険になり、人という種も守れません。
心の苦痛と言う【うつ病】は、言い換えれば自分の利己的な考えを改めるチャンスです。
何度も心の苦痛を乗り越えた人は、穏やかな人格を形成していきます。
うつ病を「何か怖い精神病」と勘違いし、差別する風潮がありますが、そうではなく人を守り種を守るために必要な脳の働き(心の仕組み)です。

うつ病だ!大変な脳の病気だ!と、思わなくても良いのです。
脳内の情報伝達物質:セロトニンの不足だと思わなくて良いのです。
考えを変えるのに、向精神薬や抗うつ薬などが必要ですか?
それらを服薬して、群れに適応する考え方になりますか?
群れに適応しない自分の未熟な考え方は、自分で変えるしか方法がありません。

どんな精神科医でも、どんな高貴な宗教家でも、自分の考え方を変えることはできません。
うつ病の主治医は自分自身だと理解してください。


Re: 心の仕組み 投稿者:さがらごろう 投稿日:2020/07/14(Tue) 14:49 No.70

bear.gif 【服薬かカウンセリングを受ける】を自分で選ぶ

うつ病は脳内の障害や病気ではありあません。
集団に適応しない利己的な考え方をしているので、対人関係が損なわれ孤立している状態です。
1、うつ病の予備群の人がうつ病を予防するには、(利己的ではない)対人関係を良くする考え方をすれば良いのです。
2、うつ病になり恐怖心があれば、自分の力だけでは改善が難しくなります。
誰でも良いとはいえませんが訓練を積んだカウンセラーによる、カウンセリングを受けた方が早く改善し楽になります。
現在殆どのカウンセリング時間は、3時間程度です。
うつ病は脳機能障害による精神疾患ではありません。
うつ病になった人を障害者と位置づけすべきではないのです。
うつ気分をもつ本人の考え方次第で短時間に改善します。
うつ病の人を精神障害者として、障害者に対する【年金制度】がありますが、本来このような年金は必要ありません。

何故かって、
簡単に、短時間に、改善することに対して、国民の税金を使い年金支給が必要でしょか?
うつ病と診断し長期の治療費、本人が働けないからと年金支給、家族全員の生活保護費。
これらの総額は5兆円とも言われています。
その上、利己的な考え方(うつ病の人、うつ病予備群)の人が会社にいると、会社の損益は計り知れません。

国民の税負担を軽減し、会社の損益を排除するには心の仕組みを通して、うつ病とは何かを理解して欲しいのです。


- YY-BOARD -